川島鈴遥のプロフィール、出演映画、出演ドラマの紹介と女優としての魅力について紹介

2020/05/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

女優の川島鈴遥(かわしまりりか)がオダギリジョー長編初監督作品の『ある船頭の話』でヒロインに抜擢になり、今大注目の女優の一人として注目されています。
川島鈴遥は週刊誌SPA!において、2020年のネクストブレイク女優候補として紹介されていまて、紙面では映画監督・俳優のオダギリジョー氏が女優川島鈴遥の推薦人となっており、彼女のすばらしさについて語っています。
今大注目の女優川島鈴遥について、プロフィール、出演映画、出演ドラマの紹介や、女優としての魅力について詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

川島鈴遥の経歴やプロフィールを簡単に紹介

 


川島鈴遥は2002年3月17日生まれ、栃木県出身のAB型です。(2020年現在は17歳)

 

身長は150cmで結構小柄です。

 

好きな食べ物は野菜や果物。

 

趣味はゲーム。

 

特技は水泳、ピアノ。

 

所属先はスウィートパワー。ちなみに同事務所には桐谷美鈴、黒木メイサ、内山理名などのビックネームも所属しています。

 

2010年(当時8歳)にテレビドラマ「特上カバチ‼」で女優としてデビューしています。

スポンサーリンク

川島鈴遥の出演映画、出演ドラマを紹介

スポンサーリンク

出演映画

・八月の二重奏 2010年9月
・アンダルシア 女神の報復(2011年6月25日、東宝)
・こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE〜勝どき橋を封鎖せよ!〜(2011年8月6日)
・リアル〜完全なる首長竜の日〜(2013年6月1日、東宝)
・恋する♡ヴァンパイア (2015年4月17日、ファントム・フィルム)
・望郷(2017年9月16日、エイベックス・デジタル)
・ある船頭の話(2019年9月13日、キノフィルムズ)

スポンサーリンク

出演ドラマ

・特上カバチ‼第5話(2010年2月14日、TBS)
・世にも奇妙な物語 20周年スペシャル(2010年4月4日、フジテレビ)
・女帝薫子 第1話・第5話(2010年4月25日・5月23日、テレビ朝日
・こころの遺伝子〜あなたがいたから〜(2010年5月3日、NHK)
・桂ちづる診察日録 第5話(2010年9月4日、NHK)
・任侠ヘルパースペシャル(2011年1月9日、フジテレビ)
・告発〜国選弁護人 第4話・第5話(2011年2月3日、テレビ朝日)
・月曜ゴールデン 湯けむりバスツアー 桜庭さやかの事件簿3(2011年4月18日、TBS)
・華和家の四姉妹 (2011年7月10日 – 9月18日、TBS)
・この世界の片隅に(2011年8月5日、日本テレビ)
・HUNTER〜その女たち、賞金稼ぎ〜(2011年10月11日 – 12月13日、関西テレビ)
・大河ドラマ 八重の桜 第6話 – 第7話・第13話(2013年2月10日 – 17日・3月31日、NHK)
・CLAMPドラマ ホリック〜xxxHOLiC〜(2013年2月24日 – 4月14日、WOWOW)
・女優 麗子〜炎のように(2013年3月6日、テレビ東京)
・でたらめヒーロー 第13話(2013年6月27日、読売テレビ)
・二十四の瞳(2013年8月4日、テレビ朝日))
・半沢直樹 第3話 – 第5話(2013年7月28日 – 8月11日、TBS)
・鍵のない夢を見る 第4夜(2013年9月22日、WOWOW)
・刑事(2014年3月26日、テレビ東京)
・そこをなんとか2 第3話(2014年8月17日、NHK BSプレミアム)
・ラスト・ドクター〜監察医アキタの検死報告〜 第6話(2014年8月22日、テレビ東京)
・まんまこと〜麻之助裁定帳〜 第8話・最終話(2015年9月17日・10月1日、NHK総合)
・ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 第7話(2016年2月24日、日本テレビ)
警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜 最終話(2016年2月26日、テレビ東京)
水曜ミステリー9 警視庁さくらポリス〜最強の姉妹捜査官〜(2016年5月18日、テレビ東京)
・連続ドラマW 賢者の愛(2016年8月20日、WOWOW)
・ミュージアム-序章-(2016年10月13日、WOWOW)
・ウツボカズラの夢(2017年8月5日 – 9月30日 東海テレビ)
・新宿セブン 第6話(2017年11月18日、テレビ東京)
・FINAL CUT 第3話(2018年1月23日、関西テレビ・フジテレビ)
・白衣の戦士! 第4話(2019年5月8日、日本テレビ)
・ベビーシッター・ギン! 第3話(2019年7月14日、NHK BSプレミアム)

映画・テレビとも結構な数をこなしてきていますね。

スポンサーリンク

川島鈴遥の魅力は感性の繊細さ、感受性の鋭さ、感情の起伏の大きさ

川島鈴遥はオダギリジョー氏の初監督作品として2019年の9月に公開された映画「ある船頭の話」で、ヒロインとして抜擢されています。

 

ヒロインは100名以上の中からオーディションを重ねて選ばれたそうです。


オダギリジョー氏は抜擢理由を次のように語っています。

初めてお会いしたとき、最初は彼女の個性的な顔立ちに魅力を感じました。どこか異国情緒のある、独特のい雰囲気と佇まい。そしてオーディションでは、僕は俳優の技術よりも感性や可能性に着目するのですが、感性の繊細さや感受性の鋭さ、感情の起伏の大きさなど、女優としての潜在能力が非常に高いことに驚かされました。

SPA!より引用

女優としての潜在能力の高さが評価されているようですね。

 

また実際、映画関係者からの評価として

繊細でありながら、大胆さや図太さも持ち合わせている。それらをコントロールできるようになれば、かなり幅広い表現力を持った名女優になれると期待しています。独断と偏見ではありますが、間違いなく‟逸材”だど断言します

SPA!より引用

と評価されています。

 

現在17歳ですが、早くも大女優の片鱗を見せ始めている川島鈴遥の今後の活躍に期待が膨らみますね。

スポンサーリンク

まとめ

川島鈴遥の出演ドラマ、映画の紹介や彼女が注目されている理由などについてまとめてきました。

 

8歳の頃から演技に磨きをかけてきた彼女が「ある船頭の話」でヒロインとして抜擢され、女優としての表現力が高く評価されています。

 

現在は学業との両立で時間の制限もあるとは思いますが、今後女優の道に本格的に進むとなれば、活躍の場も広がってくると思います。

 

今後の川島鈴遥の活躍に大注目です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

Copyright© PHEV LIFE , 2020 All Rights Reserved.