【SixTONES】京本大我の人気の理由はビジュアル、美声、性格にあった!ド天然なところも魅力

2021/07/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

京本大我さんはSixTONESのメンバーの中でも人気上位に必ず入ってくるほど、人気のあるメンバーです。

 

パッと見た感じだと、男らしいメンバーの中では比較的中性的な雰囲気で、イケメンというよりも「美しい」という表現の方がしっくりとくる感じに見えますよね。

 

アイドルとしてビジュアルの美しさはもちろん大切な要素ですが、見てくれだけで人気がでる程あまくはないのが芸能界です。

 

そこで今回は何で京本大我さんは何で人気があるのか?人気の理由について調査してみました。

 

京本大我さんの人気の理由についてじっくりと紹介していきますよ。

 

最後まで読めばきっと京本大我さんのたくさんの魅力に気がつくはずです。

 

スポンサーリンク

京本大我の人気の理由は美しいビジュアルにあった

京本大我さんといえば、お父さんが俳優の京本政樹さんであることは結構有名な話になっているようですが、実はお母さんも元アイドルの(山本博美さん)方で、芸能一家のサラブレッドなんですね。

 

芸能一家のサラブレッドとくれば、どんだけビジュアルが凄いんだろう?と思いますよね。

 

実際に京本大我さんのビジュアルは「美しい」という言葉が一番しっくりくるんじゃないかと思うくらい中性的なビジュアルをしていて、男性的なカッコよさが魅力のSixTONESの雰囲気を和らげるような魅力があると思います。

 

かっこいいを通り越して美しいという言葉がぴったりですよね。

 

もう女装なんかしたらかなり可愛くなってしまうんじゃないかと思い調べてみると・・・

やっぱり女装すると半端なく可愛くなりますね。

 

京本大我さんの魅力は芸能サラブレッドの血を引く「美しいビジュアル」でることが分かると思います。

 

スポンサーリンク

京本大我の人気の理由は声にあった。ハイトーンボイスが魅力

京本大我さんの魅力といえば「抜群の歌唱力」をあげることができます。

 

ただ歌が上手というのではなくて、歌は声で決まると言われるように、とにかく声も美しい。

 

高音に透明感があって、美声なんですよねー。

 

京本大我さんの美しいハイトーンボイスは絶対的な魅力ですよ。

 

京本大我さんの美しいハイトーンボイスを存分に聴けるのがデビュー曲、「Imitation Rain」です。

 

京本大我さんの美しいハイトーンボイスのパートは↓↓↓

京本大我さんの高音のパートは何度聞いてもいいですよねー。

 

ミュージカルで鍛え上げた伸びのある高音の綺麗な声は京本大我さんの魅力ですよね。

 

京本大我さんの人気の理由は「美声」で確定です。

 

スポンサーリンク

京本大我の人気の理由は表現力があるから

京本大我さんは表現力の高さも注目されています。

 

京本大我さんの表現力は凄いと言われている内容を紹介していきますね。

 

京本大我さんは、デビュー前に「Tears」「癒えない」などの楽曲を手掛けたことがあって、その楽曲の歌詞が素晴らしいと評価されています。

 

繊細でリアルな心境を綴っている歌詞が胸に響くと話題になりました。

 

特に「Tears」では別れの時の心境を、綺麗な言葉で表現していて、情景が目に浮かぶようですね。

 

歌って踊れるだけではなくて、こんな素敵な楽曲を作成できる表現力があるって凄いですよね。

 

またもう一つ京本大我さんの表現力の凄さいと注目されているものがあって、それはアルバム『1ST』に収録の、松村北斗とのユニット曲「ってあなた」のMVです。

 

このMVでは、セリフのない無音での演技に実力が表れていると言われています。

女性との別れた後に手を口元に、震えるように悲しむ京本大我さん。

 

少し丸まった背中が哀愁に満ちていて、別れを受け入れられない心境をうまく表現していますね。

 

ミュージカル舞台で鍛え上げてきた表現力があるからこそ、こんな素晴らしい演技ができるんでしょうね。

 

表現力の素晴らしさは京本大我さんの魅力になっています。

スポンサーリンク

京本大我の人気の理由は努力家でストイックな性格

京本大我さんは、ちょっと中性的な可愛らしい雰囲気のビジュアルをしていますよね。

 

でも性格はストイックで努力家で男らしいところがあるんですよ。

 

ある番組で、父親である京本政樹さんは息子の大我さんについて

大我が11歳でジャニーズ事務所に入った10年前、正直歌を聴いて…あれ?もしかして音痴?ダンスを見ても…あれ?もしかして運動音痴?と焦ったことを昨日のことのように思い出します」

と語っています。

 

意外にもジャニーズに入った頃の京本大我さんは、そんなに歌やダンスが上手いというわけではなかったようなんです。

 

むしろ父の京本政樹さんは、歌もダンスも両方とも下手だと思ったようですね。

 

そんな京本大我さんですが、現在の歌唱力、ダンスの実力を獲得するまでに、並々ならぬ努力をしてきたようです。

 

父親の京本政樹さんは

「鏡の前でダンスを一生懸命稽古し、大きな声で歌の練習をし、家中に物音と歌声が鳴り響き続ける10年間が始まりました」「この10年を見ていて大我を信じることができます」

と語っています。

 

京本大我さんが地道に努力している姿を、父親はちゃんと見ていたんですね。

 

京本大我さんは毎日地道の努力し続けて、今はグループのメインボーカルを務めるまでになりました。

 

二世というフィルターにかけられることが多かったようですが、それを逆手に良いものを見せようと努力したんでしょう。

 

京本大我さんは、ミュージカル舞台も経験していますが「二世タレントという評価を自分の実力で見返したかった」と語っていて、ミュージカル舞台でしっかりと表現力を磨いて努力してきたことが伺えますね。

 

このように京本大我さんはストイックで努力家な性格をしています。

 

両親から頂いた才能も勿論あったのでしょうが、京本大我さんは相当努力して歌唱力や表現力を磨いてきたことが分かりました。

 

二世タレントという肩書に甘えずに努力できるところは魅力の一つですね。

スポンサーリンク

京本大我の人気の理由はド天然な性格

これだけビジュアルも良く、歌も上手となるとお高くとまっているイメージになっちゃいそうですけど、天然な性格で思わず「クスッと」なっちゃうエピソードも沢山あるんです。

 

京本大我さんのド天然ぶりのエピソードを紹介しましょう。

 

  • エビチリを食べたときに「……うん!何か、口ごたえ」と回答した(おそらく歯ごたえと言いたかったのでしょう(笑))

 

言い間違えですが、かなり笑えますね。

 

  • ゴマ団子を食べたときに「ゴマも、ゴマ団子というだけあっていっぱい付いている」とコメント。

 

かなり面白い、珍回答炸裂してますね。

 

  • さんま御殿に出演した際に突然「スタッフさんにも誰にも言っていないエピソードを」と切り出し、進行のテーマと関係ない話をし出す

かなりのド天然ですよね。

 

  • 錠剤が飲めないのでゼリーと一緒に飲もうと試みるが、ゼリーだけ飲んでしまう

 

  • いい大人なので「超」をつける口癖を直したいと言った2秒後に「超ウマそう」と発言

 

  • リゾット風オムライスを編み出したと自信満々で答えるが、よくよく聞いてみるとただのオムライスだった

 

京本大我さんはド天然でちょっとおっちょこちょいで、可愛らしい性格をしているようですね。

 

ストイックな男らしさとは真逆な、お茶目で可愛らしいところがあって面白いですよね。

スポンサーリンク

まとめ

京本大我さんの人気の理由についてみてきました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

京本大我さんの魅力的なところがいっぱい分かったと思います。

 

京本大我さんの人気の理由は「美しいビジュアル」と「抜群の歌唱力」と「透明感のある美声」「ハイトーンボイス」というアーティストとしての実力がまず上げられると思います。

 

見てくれだけではない、アーティストとしての実力が魅力的だと思います。

 

でもそれだけではありません。

 

京本大我さんにはミュージカル舞台の経験から磨き上げた表現力があって、楽曲作りやMVでも表現力をいかんなく発揮しています。

 

こういったアーティストとしての実力も生まれもった才能ではなく、練習を重ねて努力して築き上げたものであるところがまた魅力的ですよね。

 

京本大我さんの努力家でストイックなところも魅力的で、引き付けるものがあると思います。

 

そんなストイックで努力家なところがあるのに、ド天然で可愛らしいところもあって、これがまたいいですよね。

 

人気と実力もある京本大我さんは、今後歌やアイドルの分野を超えて、様々な分野で活躍していきそうですね。

 

今後の活躍が楽しみですね。

 

 京本大我さんのまとめ記事を作成しています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

Copyright© PHEV LIFE , 2020 All Rights Reserved.