小原正子を嫌いとするアンチがブログを批判する理由と炎上商法の噂を調査

2020/10/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

お笑いコンビ・クワバタオハラの小原正子さんのブログが最近度々炎上を起こしているようで、大変話題になっています。

 

小原正子さんは日常の生活での些細なことをブログにアップしているのですが、お子さんもまだ小さいので、子供に関する内容のことが多いようです。

 

どうやら子育てに関する内容のことで、批判の声が集まってしまうことが多いようなんです。

 

ブログの内容に関しての批判だけならまだしも、小原正子さんのアンチにまでになってしまう方が結構いるようなんです。

 

芸能人・有名人の交流掲示板である「ママスタ」というサイトでは小原正子さんの「アンチトピック」がいつも立ち上がっていて、結構な嫌われっぷりみたいです。

 

今回は小原正子さんがブログの内容で、なぜアンチに批判されてしまうのか?の理由と炎上商法との噂について調査をしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

小原正子を嫌いとするアンチに批判されるブログの内容とは

小原正子さんのブログで、アンチに批判された内容をみていきましょう。

 

スポンサーリンク

妊婦ビキニ姿公開で批判を浴びる

小原正子さんが2人目のお子さんを妊娠中に、家族でハワイ旅行に行って海で遊んでいる様子をブログに載せたのですが、妊婦中にビキニ姿で海で遊ぶという行為に、批判の声が殺到して炎上してしまいました。

 

ネットの掲示板などでは、「妊婦にスタイルの良さとか求めてないから」「妊婦で海なんていくな、感染症を起こしやすいのに」「日本でやったら完全にアウトだ」などという厳しい声が挙がっていました。

 

ハワイではビキニ姿の妊婦さんが結構いるみたいで、思い切ってチャレンジしたようなのですが、“日本では妊娠中に海で遊ぶ”ということが一般的でないために、このような意見が出てしまったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

「保活」中に「4月から二人の時間が増える」発言で炎上

保育活動を経て4月から行く息子さんの保育所が決まっている中で、「二人で串カツ、4月から2人の時間が増える 昼デートしましょう」という内容をアップしたところ、保活で苦労したママさん達が反応しました。

 

「パパとママの時間が増える?ってどういうこと?」

 

「保育園って、日中両親ともに働いてて子供を見ることが出来ないから保育園に預かってもらう、というのが大前提じゃないの?」

 

「子供預けて夫婦の昼デートの時間が増えるね!ってだめじゃない?」という批判の声が挙がりました。

 

待機児童の問題などもあり、働きたくても保育園に入れないことが社会問題になったことがありましたが、そんな時代に” 子供を保育園に預けて両親は遊ぶ ” という記事はちょっと配慮が足りなかったような気がします。

 

スポンサーリンク

子供のトイレトレーニング問題で炎上

長男が3歳2ヶ月で、まだオムツをはかせているという記事が原因でブログが炎上してしまいました。

 

息子さん、保育園では普通にパンツをはいて生活をしていたようなので、家でお母さんと一緒にいるときはオムツをはかせていたみたいなのです。

 

これに対して「親が面倒だからってのがダメだよね。」

 

「外出や旅行の時に面倒という理由ならば、小原さんは自分の事しか考えてないよね」

 

「もうすぐ幼稚園でしょ?恥ずかしい思いするのは子供なんだから、ちゃんとしなよ。」といった厳しい声があがりました。

 

オムツが取れないのは仕方無いけど、お母さんが面倒くさがってオムツを履かせ続けていることが批判の対象になってしまったようですね。

 

スポンサーリンク

自分の入浴中の写真を載せて炎上

ブログの中で、小原さんのお母さんが撮った写真を掲載したことがあって、お母さんの撮った写真は孫よりも自分自身が沢山写っていて親の愛を感じた、という内容のブログをアップしたことがありました。

 

その中の写真の一枚が、息子さん達とお風呂に入っている写真で、小原さんの裸の写真にモザイクがかけてあるものだったのです。

 

これに対して「稼ごうと必死」

 

「自分の裸をブログで世界発信する意味が分からない」

 

「一生その画像が残るんだよ。考えが甘い」

 

「自分がいい女だと思ってる」といった声が挙がりました。

 

「裸の写真を載せたことに対して意味がわからない」という批判が多かったようですね。

 

スポンサーリンク

子供を置いて朝まで飲み歩いて炎上

小原正子さんは、子供を置いて、仕事帰りに飲み歩いていたことを批判されてしまいました。

 

ブログでは深夜0時に仕事が終わって、六本木のモ・ナ・リ・ザ月下粋→青山一丁目Bar ラビットフット→六本木3rd BAR→カレー麺 実乃和 とお店をはしごして、朝の5時まで飲んで「四年ぶりの六本木をしっかり満喫した」とアップしましたが、前日のブログで「今日は子供と一緒に寝れなくて寂しい」とアップしていた為、批判されて炎上してしましました。

 

挙がった声としては

 

「子供と寝れずに寂しいなら、一軒目で帰ればいいのに」

 

「どこまで自分勝手なの」

 

「子供より自分優先なんだね」と、これまた厳しい意見が挙がってしまいました。

 

私個人の意見としては、ブログでは「4年ぶりの六本木満喫」と書かれているので、子育て奮闘中のささやかな息抜き程度にしか思わなかったのですが、あなたはどう思いましたか?

 

小原さんは元々お酒が好きだったようなので、たまには息抜きがてらパーっと飲みたくなってしまう気持ちも十分わかります。

 

スポンサーリンク

子供の泣き顔をブログのネタに使って炎上

家族でクリスマスに遊園地に行ったことを記事にしたことがあったのですが、息子さんが「まだ遊びたい」と泣き出してしまって、その泣き顔をブログにアップしたところ、批判が出てしまいました。

 

「泣いている息子をネタにする?」

 

「写真を撮るより、一緒に真剣に向き合ってあげて」

 

「父親のしつけで泣いてる子どもをすかさず撮影する母親を想像したらぞっとした」との意見が挙がってしまいました。

 

スポンサーリンク

映画の上映中に写真の撮って炎上

家族で映画を観にいった時のブログで、映画を観ている時に撮ったと思われる息子さんの写真がアップされていたところ、「マナーがなっていない」と批判の声が出てしましました。

 

「いい年して恥ずかしくないの」

 

「上映中は無いわ」

 

「スマホの画面明るいから迷惑だと思う」との批判が挙がってしまいました。

 

緊急事態宣言中に海で遊んで炎上

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、不要不急の外出禁止のお願いが出ていた時期に、家族で海に遊びに行った写真を掲載して批判を浴びてしまいました。

 

「みんな我慢してるのに何考えてるの?いい年して」

 

「こーゆうひとは一回痛い目みないとわかんないよね絶対」

 

「みんなが我慢してくれてるおかげで人が少ないのに、自分だけ我慢しないの?」といった非常に厳しい批判の声が挙がっていました。

 

この頃になると、ブログに上がった内容よりも「いい年して」などと、本人自体のことをなじっている様子が増えてきているような気がします。

 

もう何を書いても批判されるような感じになっていますよね。

 

スポンサーリンク

小原正子のブログが批判される理由と炎上商法の噂について

小原正子さんのブログはなぜここまで批判されて炎上してしまうのでしょうか?

 

いろいろ考えてみたのですが、小原正子さんのブログの内容にも確かによく考えれば不適切と思われる内容はあったとは思いますが、炎上してしまうほど非常識なものではないですよね。

 

ではなぜ炎上するのか?

 

やはりブログ読者側の感情がかなり影響しているように思えてなりません。

 

おそらく小原正子さんと同世代の女性は家庭の主婦としてかなり経験を積んでいる世代だと思ます。

 

四十代に入り、子供たちは中学生に上がる頃の方が多そうですよね。

 

すると主婦業、とりわけ子育てに関してはブログ読者の方が先輩になる訳ですので、どうしても細かいところを指摘したくなったり、そこはそうじゃないと言いたくなったりしてしまうのではないでしょうか?

 

あとは、自分が誇りをもってやってきた「子育て」や「主婦業」の分野のことに関しては、お笑い芸人なんぞには負けんぞという心理が働いているように思います。

 

だから、料理の内容をブログに載せれば、「その料理ではまだまだだぞ」といったことになっちゃうのでしょうね。

 

また小原正子さんのブログはわざと炎上させてアクセスを稼ぐ「炎上商法」なんじゃないか?といった意見もあるようですが、ブログの内容を見てみると炎上するのを狙っているようなものは無いと思います。

 

フツーに子供たちのことや、普段の日常の事を載せているだけだと思いますが・・・

 

小原正子さんのように、ブログが炎上してしまった芸能人についてまとめ記事を作成しています。

⇒ ブログ炎上でアンチ急増している芸能人のまとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

小原正子さんがブログの内容で、アンチに批判される理由と炎上商法との噂について調査をしてきました。

 

細かいところを指摘されたりして大変だろうとは思いますが、あまり気にせずにこれからもお子さん達の成長の様子を、楽しみながら掲載していってもらえたらなと思います。

 

アンチに批判される理由としては、ブログの内容というよりも、読者側の心理状態と感情が大きく影響しているものと思われます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

Copyright© PHEV LIFE , 2020 All Rights Reserved.