渡辺翔太がananソロ表紙デビューも批判される理由とは?重版決定も驚きの実態

2021/05/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ジャニーズグループSnow Manのメンバーで、美意識が高いと話題になっているのが、渡辺翔太さんです。

スポンサーリンク

 

渡辺翔太さんは、5軒の美容クリニックを掛け持ちするほど美容にはこだわりがあり、SnowManの美容男子として有名です。

 

そんな渡辺翔太さんが女性週刊誌『anan』2020年8月26日号でソロ表紙を飾ったのですが、ネット上では、批判や不評のアンチコメントがあるとの情報が出ています。

 

批判や不評のアンチコメントって本当なのか?批判や不評の理由ってどんな内容なのかまとめていきたいと思います。

 

また批判や不評の原因はどこにあるのか探っていきたいと思います。

 

SnowManの番組やメンバーをもっと見たいという方には断然Paraviがオススメ。

ParaviではSnowManの番組「それSnowManにやらせて下さい」を独占配信中。

Paraviならば2週間の無料体験視聴が可能です。

2週間以降は月額1,017円(税込み)で視聴が可能です。

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。

まずは2週間の無料体験視聴からがオススメです↓↓↓

スポンサーリンク

渡辺翔太のananソロ表紙デビューに関する批判や不評の内容とは

Snow Manの渡辺翔太さんが「anan」の2020年8月26日号でソロ表紙に登場しましたが、ネット上などで一部の読者からは、あまり評判が良くないようなのです。

どんな内容の批判や不評の声が上がっているのかを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ソロ表紙はまだ早い!ジャニーズごり押しが過ぎる

 

まだ、ソロ表紙を飾るのには時期が早すぎるという意見ですね。

 

努力して実績積んで知名度が上がってから表紙デビューなら分かるけど、まだそんなに有名では無いのにソロ表紙に登場すぎるのは早すぎるでしょということですね。

 

ネット上の芸能記事には、「ファン以外は渡辺翔太さんがコスメ好きなことすら知らないわけですから、ジャニーズのごり押しが過ぎる」という書かれ方もしていました。

 

何となく「美容男子キャラ」として売っていきたいジャニーズの思惑が透けてみえるような気がしますね。

 

スポンサーリンク

男性半裸じゃ買いにくいし、男性の美容じゃ意味がない

 

またネットの記事には「コスメ特集は見たいけど、半裸の男が表紙じゃ買いづらいし、中身の特集も、女性がモデルになってなきゃ参考にもならないし意味ない」という意見も上がっていると書かれていました。

 

確かに、ananという雑誌からして購入者は女性でしょうから、「男性の半裸じゃ買いにくい」という人もいるのかなって思います。

 

コスメにしてもモデルの印象を参考にすることって結構あると思いますので、男性だとそういう点では参考にならないですね。

 

スポンサーリンク

渡辺翔太さんが好きじゃない

 

その他の意見でも「渡辺翔太さんのこと自体がそもそもカッコイイとは思えない」という意見もあるようですね。

 

これだけは個人に好みによりますので何とも言えないですよね。

 

渡辺翔太さんを嫌いとするアンチに関しては ⇒ 【SnowMan】渡辺翔太を嫌いとするアンチ増えた?番組での発言が原因か? の記事内で紹介しています。

 

スポンサーリンク

販売手法が嫌い

踏み込んだ意見も出ていますね。

 

これまでは知名度のある人だけが表紙を飾れる。

 

最近は、知名度が低くても、特定のファンの購入が見込めれば表紙にのれる。

 

渡辺翔太さんの熱狂的ファンに買ってもらって、販売数を稼ごうとする目的が見えてきますね。

 

販売数を稼ぐという点で考えると理にかなっているのかも知れませんが、ananという雑誌の世間に発信するメッセージは?存在意義、存在価値みないなものを考えると、このやり方でいいの?と思っちゃう気持ちも分かりますね。

 

スポンサーリンク

渡辺翔太のソロ表紙が重版になり絶好調も実態は?

渡辺翔太さんのananソロ表紙に対する批判の内容をみてきました。

 

批判する人の意見はさまざまですが、気に食わなければ買わなければいいと思います。

 

それで売れなければ販売手法を変更していければいい訳ですから。

 

で結果はというと、販売は絶好等で、発売前にも関わらす重版決定になりました。

 

販売手法のも関わるところですが、このような意見も出ていますよ。

一般の人が「へー渡辺翔太が出てる、買おう」という流れではなくて、「“渡辺翔太が表紙だからanan売れた”としたいファンが頑張って買った」ということですね。

 

うーん。どうなのでしょうね。

 

売れるという目的では確かに間違ってはいないのですが、 売れれば何でもいいのかな?とも思っちゃいますね。

 

AKBの握手券目当てに何枚もCDを買うAKB商法と似ているような気がします。

 

スポンサーリンク

まとめ

渡辺翔太さんのananソロ表紙に対する批判や不評の声をみてきました。

 

また重版決定したものの、その実態はどうなのか?について意見を述べてきました。

 

ソロ表紙の不評の内容としては

 

ソロ表紙はまだ早い!ジャニーズごり押しが過ぎる

 

②男性半裸じゃ買いにくいし、男性の美容じゃ意味がない

 

③渡辺翔太さんが好きじゃない

 

④販売手法が嫌い

 

という内容が一般の読者から上がっていました。

 

逆にSnow Manのファンからすれば「渡辺翔太さんの知名度が上がってきた証拠」「美容男子としてコスメ好きが浸透してきた証拠」という捉え方もできますし、どちらの意見が正しいか、間違っているか、ということは、はっきり結論は出ません。

 

ただし、重版も決定して販売が好調なようですが、ツイッターの意見によると、「渡辺翔太さんファンが頑張って買った」「Snow manファンが頑張って買った」という状況になっているようですね。

 

この実態が事実であるなら、ananという雑誌としての存在価値だとか、表紙の価値みたいなものは、低下してしまっているような気がしますね。

 

そんな細かいことはどうでもよくて、とにかく販売数を稼ぎたいということであるならば、今回の渡辺翔太さんのソロ表紙は大成功だったということになりますね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

Copyright© PHEV LIFE , 2020 All Rights Reserved.